RSS Feed

a 5月 21st, 2020

  1. 買い物代行&デリバリーサービス

    5月 21, 2020 by coffeebean

    【ツイディ】

     

    住所を登録すると一番近いスーパーでオーダーしたものを買ってきてくれる買い物代行サービス

    配達料等:一回につき税抜き3000円未満は750円、以上の場合は550円の代行手数料

    メリット

    ・ネットが使いやすい。

    ・希望日時が1時間ごとに選択でき、間際でも配達可能だったりする。

    ・置き配サービスがある。

    デメリット

    ・注文したものが売り切れだった場合は代替商品可だが事後連絡。

    ・買い物量が増えると送料が増える可能性有り。

     

    公式サイトhttps://twidy.jp/

     

    【ライフ】

     

    近畿・首都圏のみ対応。お届け先の近隣のライフ店舗からの商品のお届け。

    配達料等:5500円未満は440円、5500円以上で220円

    メリット

    ・重いものや大きいものも注文できる。

    ※大きなものの配達を受け付けていない場合があります

    ・ライフのポイントがたまる。

    ※ネットスーパーでもポイントは溜まるがポイント使用は実店舗のみ

    デメリット

    ・配達日時が翌日までしか選択できない。ゆえにいつも混んでいる。ネットもよくメンテ等で閉まっている。

    ・ネットスーパーで購入できる商品数が少ない。(*特に肉・魚介類)

     

    公式サイトhttps://www.life-netsuper.jp/

     

    【西友】

     

    楽天と西友が展開するデリバリーサービス

    配達料等:300円、一定額以上で無料にもなる

    メリット

    ・取り扱い商品が多い。

    ・楽天ポイントが貯まる。

    デメリット

    ・野菜の質がイマイチな印象

     

    公式サイトhttps://sm.rakuten.co.jp/

     

    【ヨドバシカメラ】

     

    オンラインで登録して注文する日用品等のデリバリーサービス

    配達料等:基本的に配達料無料

    メリット

    ・何と言っても配達料が無料!

    ・生鮮食品はほぼ無いが取り扱い商品が豊富。アマゾンでは高価だったり、他のデリバリーでみつからないものがココでは見つかることが多い。乾麺類も他に比べて種類多し。

    デメリット

    ・肉・魚・野菜(一部取り扱い有り)がない

     

    公式サイトhttps://www.yodobashi.com/

     

    【ピックゴー】

     

    アプリをダウンロードしての買い物代行サービス

    ※2020年5月21日現在、個人の買い物サービスは停止中。

    配達料等:代行料は550円(税込)からで、店舗数や点数、商品、配達時間により変動

    メリット

    ・複数店舗に買い物に行ってくれる

    デメリット

    ・パソコンで注文する方法が無い?これは私的にポイント低し!

     

    公式サイト:https://pickgo.town/shopping/

     


    まとめ

    これ以外にも色々なデリバリーや買い物サービスがあるが、西友は近所に店舗が無くても注文可の場合もあるので要チェック、しかも品数豊富、優秀なデリバリーサービス。ヨドバシカメラはこれはないだろう?と思うものがあったりで送料無料もあって個人的によく利用する。買い物代行は個人で行っているところも多数存在するので、サイトがきちんとしている、などを目安に決めると安心かもしれません。これらのサービスは個人のニーズに合わせて使い方を分けると良いと思います。